2021年02月18日

お知らせ

本日1日の取引枚数は過去10年間で最多の22枚でした。
システムが暴走気味です。

本来、本システムが継続できる最低条件は取引日において
(取引枚数x証拠金)<=(年初からの元金残高) ;(<=は以上)
と定義しています。

例えば今日時点で岡三証券様の先物アクティブ口座の日経ミニ証拠金は(¥84,000/枚)です。
証拠金の余裕をみて切り上げて¥90,000とすると、
(N枚x90,000) <=(本日時点の残高:2,547,500)
が条件になります。

従って明日以降、上記条件が満足できない場合、その時点で本システム(SystemT)の運用を停止致します。
突然のインフォーメーションで申し訳ありませんが、当初からの運用条件破綻の可能性があるので、告知させて頂きました。

ご迷惑をおかけします。
よろしくお願い致します。
TRY
posted by TRY at 15:55| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数年来、参考にさせていて頂いております。
ありがとうございます。
ボラが大きい為、残念な結果となりましたが、方向性や重要度(枚数)は適切であり、いつも感謝しております。
一番適格なシステムを構築しておられると思います。
今後も御指南頂けますようお願い致します。
Posted by yauyau at 2021年02月18日 20:14
yauaya 様、
粗末なシステムに対し、暖かいコメントありがとうございます。

実は本システムの一番の懸念は最大ドローダウン以上に、取引枚数にあります。
事実、この10年で20枚を超えたのは、今月を含めて2回だけです。
今回枚数を抑制する側のシステムが全くワークしていません。

システム破綻時の継続策は単純に元金を増やすことですが、それ以外にいくつかある案を再検討したいと思います。

先ずはあと5営業日を残す今月を超えられるかどうかに注目します。かなりきつい感じです。

コメントに感謝致します。
Posted by TRY at 2021年02月19日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。